スマホアプリの過度な利用は眼精疲労と老眼の要因に

スマホの使いすぎは視力の低下を誘発します。
暗い部屋での読書もまた視力低下の原因ですが、その悪影響の割合はスマートフォンの方が高いです。
強力な輝きを放つ液晶パネルの小さいな画面を、長時間のスマートフォン操作などで見つめれば、目に与える負担は計り知れません。また一点をずっと見つめ続けるスマートフォンの仕様上、瞬きの回数が減ってしまい、ドライアイのリスクも増えます。
仕事の関係上、メッセンジャーアプリを長時間使わないといけない、そう話す人々もいます。
今では会社の主な連絡手段として、大手企業のメッセンジャーアプリが使われています。
携帯電話の通話機能を使うと、通話代が掛かります。一方でメッセンジャーアプリによるテキストの会話なら、基本料金以上に、特別なコストは掛かりません。文字と文字とでやり取りが進められるため、ビジネスの打ち合わせには最適です。

ただ、年齢によっては細かいスマホ画面の文字を読むのが辛く感じます。老眼でスマホ画面を見る時、ついつい力んでしまう、その行為が習慣化してしまう、毎日目に無駄な力を入り続けると、眼精疲労が悪化していき、老眼のリスクがより深刻化する、更に視力低下が発生して、より画面を力んで睨みつけてしまう、という最悪の悪循環が起きてしまいます。

老眼の症状を自覚したら、スマートフォン利用の時間を可能な範囲で減りしましょう。
ゲームや電子書籍といった娯楽系のものなら、自分の意思で利用時間が減らせます。
またSNSやブラウザ等の作業は、パソコンで代用する事も可能です。
パソコンなら大画面のモニタが使えるため、眼精疲労の悪循環はスマートフォンよりマシです。
スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!はこちら