アトピーにプラセンタはどうなの?

アトピーにプラセンタはどうなの?

アトピー性皮膚炎の方に効果的な改善方法の一つに、プラセンタ治療があります。これは皮膚科等でアトピー性皮膚炎の方にプラセンタ注射を行うことで、肌の細胞分裂を促進し、成長ホルモンを活性化させ、新しい皮膚を作るというサイクルを促します。また肌の水分と油分のバランスを整え、乾燥が改善させ、結果的に、アトピーが軽くなるという治療法です。もちろん病院に行かなければ注射はしてくれませんし、医師が使用するプラセンタは市販のものとは違いますが、プラセンタでアトピーの症状が改善されたという声があることは事実です。しかし、まれに症状が悪化する場合もあるようなので気を付けて使用する必要はあります。原因は様々なようですが、よく耳にするのは市販のプラセンタは豚や馬の胎盤から抽出されたものが多いため、そのアレルギー反応が出たというものです。アレルギー反応が出た場合は早急に使用を中止し病院で相談したほうが良いでしょう。アトピー治療によく出てくるステロイドは患部に直接塗るため、炎症やかゆみを抑えることで綺麗にするのに即効性がありますが、アトピー肌の原因を根本から治療はしていないので、使用をやめると、また元の状態に戻ってしまいます。また肝臓への悪影響もあります。しかし、逆にプラセンタは細胞自体を根本から新しくしていくので、内臓そのものを若返らせ、内臓や肌本来の機能を向上させる働きがあるようです。
プラセンタサプリ徹底比較ガイド|効果の高いプラセンタサプリメントってあるの?はこちら